メニュー メニュー メニュー

備えて安心!災害時に大活躍蓄電池

家庭用蓄電池+太陽光発電システムのメリット

電気を有効活用!

太陽光発電システムに家庭用蓄電池を併設することで、売電だけに頼らない、賢く上手に電気代の節約が出来るようになります。

例えば、太陽光売電が10年の固定買取期間中は、
① 余った電気は売電し
② 割安な深夜電力を蓄電池に貯め
③ 単価の高い時間帯に放電する
ことによって同じ電気使用量でも効率良く電気代の削減が可能となります。

温度調節やタイマー機能・安全機能も簡単に操作できる

太陽光で発電した電気を使いきれなかった場合には、売電せずに蓄電池に貯めることも、もちろん可能です。
太陽光から蓄電池に貯めた電気を使うことによって、電力会社購入する電気料金単価のピークカットが出来、買電単価の上昇を抑えられます。
(例えば、東京電力「従量電灯B」は使用電力量に応じて単価が上がる仕組みです)

温度調節やタイマー機能・安全機能も簡単に操作できる

売電単価が下がり、買電単価が上がるといわれているこれからには太陽光+蓄電池による「自産自消(自分で電気を産み出し、自分で消費する)」の時代となります。

備えて安心! 停電や災害時に活躍します!

急な停電はもちろんのこと、私たちの想像を越えた災害に遭うと電気のない生活を余儀なくされることも少なくありません。
照明が使えず、エアコンも動かず、スマホや携帯電話の充電が切れると情報から遮断されることになり、心細く何かと辛いものです。

電気が復旧するまで「必要最低限の電気を確保して生活の質を保ちたい」
もしもの時に非常用電源として役に立つ蓄電池システムは、機種によって電気を貯められる容量が大小いろいろありますが、停電時に「どの電化製品をどのくらい使いたいか」で必要な蓄電容量が決まります。

停電や災害時に活躍します!

その他サービス