メニュー メニュー メニュー

Q&A

疑問解決!Q&A

エコキュートについてのご質問

?マーク画像寒冷地でも使用できるの?
冬期-10℃以上の地域ならば通常タイプで使用できます。
冬期-10℃~20℃の地域向けの場合は寒冷地タイプをお使いいただけます。 ※ただし、多機能タイプは冬期-10℃以上の地域に限られます。 また、-10℃をわずかに下回った場合、一切お湯が沸かないというわけではなく、沸かすのに時間が長くなるということです。
ちなみに、通常タイプと寒冷地タイプの違いは、コンプレッサーの能力が高められていること、屋外に設置されるため霜取りや凍結防止が強化されていることなどがあります。
?マーク画像設置スペースはどれくらい必要なの?
縦型と横型(スリムタイプ) があります。縦型だとタンクは大型冷蔵庫を置くぐらいのスペースになります。横型だと新聞を横に広げて2枚半程度のスペースが必要です。窓の位置や配管の取りまわり、敷地境界等によっては横型が良い場合もあります。
?マーク画像入浴剤を使いたいのですが、なにか制約はありますか?
ステンレスのタンクですが素材によっては錆の原因になります。柑橘系(レモンやゆず) 硫黄分、食塩、天然温泉成分を含んだものは使用しないでください。出来たら何も使わないのが良いです。これはガスや石油ボイラーも同じです。
?マーク画像シャワーなど、水圧が落ちると聞いたのですが・・・?
ガス給湯器の主流は水道の圧力がそのまま蛇口の水圧になる直圧式になっています。
エコキュートの場合は一旦タンクに溜めますのでタンクに圧力を掛けています。その為に水道より圧力が低く感じられる方もいます。節水をしていると思っていただければ幸いですね。
?マーク画像エコキュートの耐久年数ってどれくらい?
ご利用状況により異なりますが、メーカーでは10年以上と考えられています。
また、ガス給湯器などと比べ燃焼部分がないので、倍は持つだろうとも言われています。
定期的なメンテナンスは必要になります。
?マーク画像追い焚きと、お湯を張りなおすのとどっちが経済的なの?
夏場は追い焚き、冬場は温度差が大きくなるので新たにお湯を落としてください。
残り湯が温かい場合は追い焚きを使用します。
?マーク画像メンテナンスは必要?
定期的に水抜きをして下さい。各メーカーともタンク部分に手入れ方法が書いてありますので参考にして下さい。
弊社では定期的に点検に伺います。
?マーク画像どんな地域でも設置できるの?
井戸水や温泉水を使用いている地域には、エコキュートは設置できません。
水質により配管の腐食が出たり、高ミネラルで配管が詰まるなど故障の原因となりますので、水道水使用地域のみ設置可能となります。
?マーク画像何か特別な工事が必要?
特に特殊な工事はありません。ガス給湯器と同じと思っていただいて結構です。
お風呂の浴槽もそのままお使いになれますのでご安心ください。
ヒートポンプと貯湯タンクを設置するスペースのみ必要になります。
?マーク画像値引きはしてくれますか?
はいっ!がんばります。
エコキュートは深夜にゆっくりお湯を沸かすので、塩素分が減りやわらかいお湯になると評判です。デリケートな赤ちゃんの肌や髪に負担をかけません。きっとご満足いただけると思います。

その他サービス